結婚の前にはプロポーズ

相手に結婚して欲しいとともった時というのは、まずプロポーズをしなければいけません。まずはその気持ちを使えることから始まります。プロポーズは男性にとって一世一代の勝負でもあります。ここは格好良く決めて、感動した彼女からすぐにOKという良い返事をもらいですよね。では、そんなプロポーズってどういう風にすればいいのでしょうか。

まずはタイミングもだいじですよね。とある結婚情報誌のアンケートによれば、一年から二年未満でプロポーズに至るケースが一番多く、次いで半年から一年未満、三年から五年未満という結果になっていました。比較的じっくりと関係を育んでから結婚に踏み出すというカップルが多いです。しかし、半年でプロポーズに至る即決型もある程度存在しており、こればかりはふたりの関係性や取り巻く環境によって変わってくるようで、結局は自分のタイミングでしかないでしょう。

では、結婚の決め手となった基準とはどこにあるのでしょうか。結婚は人生を左右する一大事の出来事です。それだけに相手を一生ものと判断しなくてはいけません。そんな判断に至る理由とは何でしょうか。これもアンケートを取ってみたところ性格と価値観が断トツで一番に上がってきました。続いて収入やルックスという理由が入ってきましたが、やはり、長年寄り添っていく上でも外見やお金ではなく内面的なものが左右するということがいえます。

それでは確信に狭ていきたいと思います。彼女が憧れるプロポーズというのはどんなものなのでしょうか。しばらく付き合った彼女に改まって結婚を申し込むというのは恥ずかしさや照れが出てしまうものです。しかし。プロポーズは男性のけじめとして、気持ちを決めてやるべきでしょう。世の女性のほとんどは男性からプロポーズして欲しいと思っているのです。

そのプロポーズはどのようにすれば彼女が喜んでくれるのでしょうか。ドラマティックな演出も良いですが、彼女が待っているのは、あくまでもはっきりとした男性の意思表示なのです。あなたの気持ちをそのままに素直に伝えることが一番彼女喜ぶのです、彼女にその瞬間を味あわせてあげましょう。きっと心待ちにしているはずです。

結婚の予算って?

プロポーズがうまくいけ次に結婚式を考えますが、一体いくらかかるのでしょうか。挙式や披露宴にはどのくらいの予算を見込んでおけばいいのでしょうか。結婚式にかかる費用のだいたいの相場を把握しておけば。万全な資金計画が立てられるはずです。挙式のスタイルや会場、用意する料理やアイテム、招待ゲストの人数などによって掛かる費用は変わってきます。どんな結婚式をしたいのかというのをまずはふたりで話し合うことから始めてみましょう。

挙式と披露宴、そして二次会もしなくてはいけません。その3つを行った時の費用は平均してだいたい300万から400万円が一番多く、多くて500万円掛けるカップルもいますが、だいたいその辺りが相場でしょう。ちなみに全国平均で330.7万円です。招待したゲストからのご祝儀は期待できますが、それなりの蓄えがないと大変でしょう。よりシンプルにするのか、逆に豪華に挙式をするのかはそのカップル次第になります。せっかくの晴れ舞台なのですから、ふたりの希望に合わせて結婚式を自由にデザインしましょう。

ふたりが理想とするスタイルで結婚式を行う際に、どのくらいの貯金が必要なのでしょうか。ここは結婚をしたいと思っているカップルには切実な問題です。会場使用料や挙式料の他にアイテムなどに掛かる費用はカップルによっていろいろあります。しかし、既述したように平均330万円かかります。結婚式には支出だけではなくご祝儀やご両親からの援助など入ってくるお金もありますので、すべてがふたりでまかなうということではありません。しっかりと結婚に掛かる費用を考えましょう・

関連サイト
婚活サイト
http://www.icwip2008.org/
ブライダルナビが結婚への架け橋となります。

出会い
http://www.deai-kill.com/
出会い系情報を知りたいなら出会い系さいと予備校

このページの先頭へ